ランダウンプレー不可解判定

ランダウンプレーで不可解な判定が
明徳義塾(高知)vs境(鳥取)
の一戦であったようですね。

具体的には?

八回裏に明徳義塾の三塁走者
西村舜外野手が、
ランダウンプレーの末に生還し、
セーフの判定を受けた場面。

場面は1死二、三塁から代打
寺西のショートゴロで三塁走者が飛び出し、
サードとキャッチャー間に挟まれます。

その間に二塁走者・西浦が三塁ベースへ到達。

捕手からボールを受け取った三塁手
渡辺がまず二塁走者にタッチし、
そのあと三塁走者にタッチしたという流れ。

で、本来は?
2人の走者が同じ塁上にいる状況で
ともにタッチされた場合、
三塁走者に優先権が発生し、
二塁走者がアウトになる。

三塁塁審は二塁走者にアウトを宣告したが、
三塁走者の西村は自分がアウトになったと勘違いし、
ゆっくりとホームへ向かった。

中継では、ベースを離れた三塁走者が
タッチされているのが分かります。

うーん。
まあ、こういう誤審の可能性を考えると?

ビデオ判定を導入することも
考えたほうがいいのかもしれませんね。

高校球児にとってはその一点が決勝点
にでもなったら?

誤審のせいで負けた。。

って思いを抱き続けながら過ごしていく
ことになるわけですから。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ